”ポリ袋”が、消費者用包装材として登場して以来、省資源・省エネルギー時代を経て、高度化・個性化時代へと多様化するさまざまな市場ニーズに対応してきました。一方では、こうしたニーズの変化に対応して品質管理の技術の向上を図るとともに、導電性・非帯電性フイルム、防塵性フイルムといった各種機能を備えたフイルム

を製品化、産業界の要請にも幅広く対応。さらに、21世紀は地球にやさしい企業として、全地球が求めるニーズに応えるべく、環境保全に重点をおいて新たなる活動を開始していきます。

企画・設計

研究開発

分析・品質チェック

製造

ユーザー

技術と機能で高度な製品づくり